おおまえ歯科医院

MENU

虫歯治療

虫歯を放っておくとどうなる?

虫歯が自然に治ることはありません

虫歯が自然に治ることはありません

虫歯を放っておくと、どんどん進行して大切な天然歯を失う原因となる場合があります。
痛みなどの症状をお感じでも「そのうち良くなるだろう」と思って放置される方がおられますが、虫歯が自然に治ることはありません。
進行する前に、大正区のおおまえ歯科医院で適切な治療を受けるようにしましょう。

虫歯治療は痛い?

歯科医院での虫歯治療に足が向かない理由の1つに、「治療が痛い」があると思います。
子供の頃に受けた治療のイメージが強くて、「歯医者が怖い」という方もおられるでしょう。

虫歯治療は「無痛」というわけにはいきませんが、昔と比べて痛みは少ないと言えます。
また、当院では局所麻酔を使用して痛みを抑えたり、麻酔注射時もできる限り痛みを抑える工夫をしたりしていますので、想像されているよりも「痛みは少ない」「痛みはかなり軽減できる」とお考えいただいて大丈夫です。

初期のうちなら「痛くない治療」で治すことが可能

治療を怖がっていつまでも虫歯を放っておくと、悪化して痛い治療が必要になったり、治療期間が長引いたり、費用がかかったりするなど、患者様のご負担が増すことになります。
そうなる前の初期のうちにお越しいただければ、フッ素塗布や適切なブラッシングなどの「痛くない治療」で治すことが可能となります。

ここがポイント!

  • 虫歯は放置しても自然に治ることはありません
  • 治療方法や器具の進歩により、虫歯治療は昔よりも痛くありません
  • 初期のうちに治療すれば「痛くない治療」で治すことが可能です

一番大事なのは「虫歯を予防する」こと

「予防」こそが「最高の治療」です

「予防」こそが「最高の治療」です

虫歯は大切な天然歯を失うことに繋がる病気です。
なので、虫歯になったらきちんと治療を受けて治すことが大事ですが、普段からお口の健康状態に気を配って、虫歯にならないように予防することが一番です。
「予防」こそが「最高の治療」なのです。

どうやって虫歯を予防する?

では、虫歯を予防するにはどうすればいいのか?
これは、3ヶ月に1回程度のペースで歯科医院に通って、お口の中を清潔な状態に保つことです。
かつては「歯医者は虫歯になってから通うところ」という考えが主流でしたが、現在は症状がなくても通院してクリーニングを受けてお口をきれいにし、虫歯などの病気を予防する「予防歯科」という考えが広まりつつあります。

予防歯科のメリットは、虫歯などの病気が予防できるだけでなく、虫歯になった時でも早期発見・早期治療ができる点です。
初期の虫歯にはほとんど自覚症状が現れませんので、痛みに気づいて歯科医院へ行ったら、「すでに虫歯が進行していた」ということも少なくありません。
予防歯科に通っていれば、こうした事態も避けられるようになるのです。

ここがポイント!

  • 虫歯を治すことよりも「予防」することが大事
  • 虫歯を予防するために定期メンテナンスへ通いましょう
  • 定期メンテナンスを受ければ虫歯の早期発見・早期治療が可能

重度の虫歯になってしまった時は?

根管治療でできる限り天然歯の保存をはかります

根管治療でできる限り天然歯の保存をはかります

虫歯が進行して、重度の虫歯になったらどうしたらいいのでしょうか?
そのままだと、虫歯になった歯を抜歯しなければいけないことがあります。
そうした事態を避けるために行うのが根管治療です。
これは天然歯を守るための最終手段とも言える治療です。

患者様の天然歯を大切に考える当院では、丁寧な処置と高い技術力で根管治療を行い、可能な限り天然歯を保存するようにしています。

根管治療について詳しくはこちら

top

0665556882

       

ネット予約はこちら

スタッフブログ

治療例

お困りのことがございましたら
お気軽にご相談ください。

TEL:06-6555-6882TEL:06-6555-6882